【山口】ながとブルーエンジェルスが新体制発表

2年連続の総合優勝へ!女子ラグビー界のレジェンドが新加入です。
7人制女子ラグビー「ながとブルーエンジェルス」が今シーズンの体制を
長門市長に報告しました。
好きな日本食は寿司。
ながとブルーエンジェルスに加入したルシーラ・ナガサウ選手36歳です。
前回の東京オリンピックで銅メダルを獲得した女子ラグビーの強豪フィジーで
長年代表として活躍するレジェンドです。
=村杉徐司さん=
「フィジーは銅メダル取ってますけど、まだすごく女子は恵まれていない環境で
Tシャツも1枚しかもらえないとかそういう環境でやっている。
そのタフさを彼女からうちのチームが学びたいと思った」
6人の外国人選手と日本人選手3人が加入したながとブルーエンジェルス。
シーズン初戦は今月6日、福岡で行われます。

UPDATE:2024-04-02

他の記事はこちら

【山口・宇部】障害のある人たちの成人式

身体や知的に障害を抱える人たちの為の成人式が宇部市で開かれました。ときわ湖水ホールで行われた成人式には色とりどりの着物に身を包んだ5人の若者が出席しました。このイベントは障害による介助の必要性などから地域の成人式への参加が難しい人たちやその家族にもハレの日を祝ってほしいと障害児を支援する団体「セレーノ四つ葉」が企画したものです。式ではこれまでの想い出を振り返るスライドショーが披露されたあと、子供から親へ日頃の感謝を込めたプレゼントが贈られました。参加者たちは家族や友人に囲まれ新たな門出を祝うとともに晴れやかな表情を浮かべていました。

下関沖の転覆タンカー 当時のまま1カ月

事故から1カ月、転覆したケミカルタンカーは、今も現場の海にいます。タンカーはアクリル酸を積んだままで漁業関係者などが不安を募らせています。=yab記者=「安岡漁港から船で沖に10分ほど出たところに、ありました。転覆したタンカー、船底を上に向けて、まさに事故当日と同じ状態で今も残っています」韓国船籍のケミカルタンカー「KEOYOUNGSUN」は先月20日、停泊中だった六連島沖で転覆しました。乗組員の男性11人のうち10人が救助されましたがインドネシア人や韓国人など9人が死亡1人は今も行方不明です。タンカーは刺激臭のあるアクリル酸980トンを積んだままほとんど位置を変えず赤い船底をさらしています。=yab記者=「タンカーのそばに見えるのが、船主からの依頼を受けた警戒船です。タンカーが動いていないか、異変がないか、といったことを、監視しています」これまでにアクリル酸や油の流出は確認されていません。いまの時期、この海域は、サワラ釣りやイカ漁の漁場ですが漁船や釣り客を乗せた船の姿はありませんでした。=遊漁船の船長=「いま警戒船もおるんで、で、亡くなった人もおるんで、やっぱあんまり近寄れんですね」地元の漁師も不安を募らせています。=地元の漁師=「やっぱ怖いですよね。正直にね。もし、仮に流出したら困りますからね。みなさん心配されてますね」タンカーが居座る場所は航路にもなっています。=地元の漁師=「航行するときに仮に衝突したり、付近を航行する漁も怖いですよねやっぱり。難しいっていうのはわかりますけどね、それでもやっぱり早く対処してほしいですよね」船を所有する韓国の会社は現在、保険会社などと撤去について協議中ということで門司海上保安部では「引き続き早期の撤去を働きかける」としています。

周南市職員が盗撮で懲戒処分

男性用トイレの個室で同僚を盗撮したとして、周南市の男性職員が停職処分となりました。男性職員は依願退職しています。停職3カ月の懲戒処分を受けたのは周南市財政部の20代の事務職員の男性です。周南市によりますと、男性職員はことし1月、昼休みに市役所の男性用トイレで個室に入っていた男性職員をドアの上からスマートフォンで撮影したということです。気づいた被害者が男性職員を取り押さえました。市の聞き取りに対し、昨年度、5回盗撮したことを明らかにし、「好奇心から行った。被害者に申し訳ないことをした」と話したということです。男性職員は先月、周南区検に書類が送られ不起訴処分となっています。周南市は19日付けで停職3カ月の処分とし、男性職員は依願退職したということです。

ニュース一覧に戻る