【山口】今年が最後 学校伝統の茶摘み

80年以上の歴史に幕を下ろす学校で最後の伝統行事です。
岩国高校広瀬分校で茶摘みが行われました。
来年春の廃校が決まっている広瀬分校は1941年に農林学校として発足し、
]茶摘みは季節の風物詩でした。
2日は3年生12人に加えて近くの坂上分校や小学生、
地域の人も参加して最後の伝統行事に臨みました。
=生徒=
「いい茶葉は色がきれいでバランスが良い。
パッと見ただけでいい葉が分かる(茶摘み3回の)プロなんで」
広瀬分校の校内にはかつて、製茶工場があり、
「あさ霧」と名付けられたブランド茶が作られていました。
=同窓会長=
「(農業科の生徒が)授業で積んで製茶して製品にして販売していた。
茶摘みは地域の宝なので残していきたい」
多くの人が思いを込め、去年の倍以上にあたる10キロの新芽を収穫しました。
=生徒会長=
「最後の茶摘みですごく天気も良く地域の方々にも来てもらいありがたかった。
何といっても仲のいい同級生と茶摘みが出来たことがうれしかった」
学校行事としての茶摘みは終わりますが、
地元では来年以降も何らかの形で伝統を受け継ぎたいとしています。

UPDATE:2024-05-02

他の記事はこちら

バラが見ごろの山口宇部空港でイベント

山口宇部空港ではバラが見ごろとなっていて訪れた人を楽しませようとイベントが開かれました。空港の利用者を迎えるように約200種類1000株のバラが咲き誇っています。バラの見ごろにあわせて空港を満喫してもらうとイベントが企画されました。=yab記者=「国内線ターミナル2階の飛行機の利用客が待つこちらではハンドメイド雑貨のイベントが行われています」アクセサリーや手作りのレザークラフトなど様々な品が並べられていて空港を利用する人のほか、バラの鑑賞で訪れた人などが足を運んでいました。=来場者=「素敵なかわいいものがあるのでどれを買おうか迷っています」イベントは19日も行われ、マルシェのほかハンドベルやバイオリンの演奏も行われるということです。

立憲・岡田幹事長が岩国市で講演

立憲民主党の岡田克也幹事長が岩国市で講演し、来月にも解散総選挙の可能性があるとの見通しを示しました。岡田幹事長は、「岸田総理には、政治と金の問題を根本的に見直し変えていこうという意欲が感じられない」と批判しました。=岡田幹事長=「このままでは政治改革法案を会期内に成立させるのは非常に難しい状況になっているので、私は会期を延長して、その中で岸田総理は解散の時期を探るのではないか」岡田幹事長は9月の自民党総裁選を待たずに解散総選挙の可能性があるとの見通しを示し政権を争う選挙になると述べました。

SLやまぐち号 ライト不具合で運転取りやめ

SLやまぐち号にライトが点灯しないトラブルが発生し、JRは途中の駅で乗客をおろし運転を取りやめました。JR西日本によりますと新山口駅を出発し津和野駅に向かっていたSLやまぐち号の運転士から午前11時40分過ぎ、「機関車の前側にあるライトが点灯しない」と連絡がありました。仁保駅で点検しましたが処置ができないため乗客250人をおろし運転を取りやめました。=大阪からの乗客=「これはSL山口弁当です。楽しみにしてたんですけどSL山口の車内で食べることはかなわず(帰りの)新幹線の中で食べるのかな」JRは津和野駅で原因を調べています。19日以降は通常運転するとしています。

ニュース一覧に戻る