【山口】限定ラスク!販売はSLやまぐち号車内のみ

SLやまぐち号復活にあわせて、新たに誕生したお菓子があります。
買えるのは客車内にある売店のみ!沿線のご当地食材を使ったそのお菓子について取材してきました。

SLやまぐち号の運転再開を記念して中の売店でのみ販売されるお菓子。
ご当地食材を使った3種類のラスクです。

SLに欠かせない石炭をイメージした物をはじめ、新山口駅に近い秋穂の特産・クルマエビのみそ漬け味、さらに津和野で人気のにんにく醤油味があります。

作ったのは、アルク小郡店内に店を構える特産カフェ・やまのわです。

やまのわ山田豊佳社長
「JRから依頼をもらって、SLの車内販売用にSLを表すようなラスクを作ってほしいと」

SL復活を間近に控えたこの日、店ではラスク作りが続いていました。

ラスクに塗る調味液も素材の味がしっかり伝わるよう配合などを工夫しました。
中でも「石炭風ラスク」は宇部高校の生徒が考案した「宇部海苔ラスク」に地元産の竹炭を混ぜたもの。
さらに隠し味が「マシュマロ」でほのかな甘みが海苔の風味を引き立て石炭らしい光沢も生まれるそうです。

やまのわ山田豊佳社長「甘いラスクではないちょっと変わったラスクを狙った商品にした」

パッケージのデザインは県立大学の学生たちが協力して作り上げました。

県立大文化創造学科4年・菅野瑞月さん
「ロマンを感じさせるようなちょっとレトロっぽいデザインと正面ののしのようなデザインは贈り物という意味合いを強めるために制作したのでそこを見てほしい」

ラスクを作り始めてからおよそ2時間、第一陣の車エビのみそ漬け味が焼きあがりました。

沖田総平レポート
「特別に焼きたてをいただきます。まず口の中にクルマエビの香りが広がります。
そのあと味噌と七味唐辛子のピリピリが追いかけてきて大人の味わいです」

世界の注目を集める山口市を2年ぶりに走るSLでの限定販売とあって山田さんにも力が入ります。

やまのわ山田豊佳社長

「例えば徳佐であれば、山口が誇るリンゴのまちなのでリンゴのジャムを使ったラスクなど停車駅ごとの特産品を使ったラスクも開発していって、バリエーションを増やしていきたい」

このご当地ラスクはSLやまぐち号内の売店で1袋180円で販売。
商品の裏側にはQRコードもついていて沿線の観光情報なども見ることができます。
SLに乗って見かけたらぜひ手に取ってみてください。

UPDATE:2024-05-03

他の記事はこちら

バラが見ごろの山口宇部空港でイベント

山口宇部空港ではバラが見ごろとなっていて訪れた人を楽しませようとイベントが開かれました。空港の利用者を迎えるように約200種類1000株のバラが咲き誇っています。バラの見ごろにあわせて空港を満喫してもらうとイベントが企画されました。=yab記者=「国内線ターミナル2階の飛行機の利用客が待つこちらではハンドメイド雑貨のイベントが行われています」アクセサリーや手作りのレザークラフトなど様々な品が並べられていて空港を利用する人のほか、バラの鑑賞で訪れた人などが足を運んでいました。=来場者=「素敵なかわいいものがあるのでどれを買おうか迷っています」イベントは19日も行われ、マルシェのほかハンドベルやバイオリンの演奏も行われるということです。

立憲・岡田幹事長が岩国市で講演

立憲民主党の岡田克也幹事長が岩国市で講演し、来月にも解散総選挙の可能性があるとの見通しを示しました。岡田幹事長は、「岸田総理には、政治と金の問題を根本的に見直し変えていこうという意欲が感じられない」と批判しました。=岡田幹事長=「このままでは政治改革法案を会期内に成立させるのは非常に難しい状況になっているので、私は会期を延長して、その中で岸田総理は解散の時期を探るのではないか」岡田幹事長は9月の自民党総裁選を待たずに解散総選挙の可能性があるとの見通しを示し政権を争う選挙になると述べました。

SLやまぐち号 ライト不具合で運転取りやめ

SLやまぐち号にライトが点灯しないトラブルが発生し、JRは途中の駅で乗客をおろし運転を取りやめました。JR西日本によりますと新山口駅を出発し津和野駅に向かっていたSLやまぐち号の運転士から午前11時40分過ぎ、「機関車の前側にあるライトが点灯しない」と連絡がありました。仁保駅で点検しましたが処置ができないため乗客250人をおろし運転を取りやめました。=大阪からの乗客=「これはSL山口弁当です。楽しみにしてたんですけどSL山口の車内で食べることはかなわず(帰りの)新幹線の中で食べるのかな」JRは津和野駅で原因を調べています。19日以降は通常運転するとしています。

ニュース一覧に戻る