【山口】消防救助技術の大会

火災や自然災害などさまざまな場面を想定して日々訓練に励んでいます。
県内の消防士たちの中でも選ばれし精鋭が救助の技術を競いました。
命綱を素早く体に巻き付けて…垂直に立てられた
高さ15メートルのはしごを駆け上がります。
高い建物の上にいる人を助ける時などに欠かせない技術です。
今回で50回目となる消防士が救助の技術を競う大会。
県内12の消防本部の精鋭214人が、
個人と団体合わせて6つの競技に臨みました。
こちらは「引揚救助」です。5人1組で、7メートルの高さから地上にいる救助者を
引き上げます。
=出場者=
「がけ下に転落した人とかを助けるときにこのシステムを作って救出するときに
役立つと思う。チーム同士でしっかり連携がとれるようにタイミングとかも合わせたりして
しっかり訓練していきたいと思います」
優秀な成績を収めた消防士は、
来月17日に岡山で開催される中国大会に出場します。

UPDATE:2024-06-26

他の記事はこちら

【山口】共学化へ唯一の女子高校のオープンスクール

山口市の中村女子高校で男子中学生を迎えてのオープンスクールが行われました。県内唯一の女子高の中村女子高校は来年度から男子生徒を受け入れ中村学園高校に名称が変わります。オープンスクールには約300人の中学生が参加しそのうち約1割が男子でした。男子中学生たちは調理科の授業で焼き菓子作りを体験しました。=中学生=「フグをさばいてるのがかっこいいと思ったし自分も将来この学校に入って色々料理をしてみたいと思いました」「美容師になることの近道を見つけることができたので将来の視野にも入れていこうなって思いました」中村女子高校では現在、トイレなど男子生徒を受け入れる環境整備を行っているということです。オープンスクールは8月24日にも開催されます。

【山口】オスプレイ反対集会

アメリカ軍の輸送機オスプレイの岩国基地への配備などに抗議する集会が岩国市で開かれました。市民団体などが開いた集会には主催者発表で約150人が集まりました。アメリカ海軍はオスプレイを配備する計画を発表しています。また、今月28日から九州各地で行われる日米共同訓練ではオスプレイの整備などが岩国基地で行われる予定です。集会ではオスプレイの飛来と米軍関係者による性犯罪が公表されていなかったことに抗議するアピールが採択されました。

山口県が梅雨明け

福岡管区気象台は山口県を含む九州北部地方の梅雨明けを発表しました。

ニュース一覧に戻る