【山口】新型コロナ感染者109人

4日の山口県の新型コロナウイルス新規感染者は109人で10日連続で前の週の同じ曜日より上回りました。感染が確認されたのは岩国市で20人、下関市で18人、周南市で12人、山口市で11人などあわせて109人です。先週の月曜日と比べ28人増加し月曜日で100人を上回ったのは4週間ぶりです。また光市の就学前施設でクラスターが発生し、園児と職員、合わせて9人が感染しました。現在の入院者数は91人で、重症者はいません。病床使用率は15.3パーセントで、きのうより1.2パーセント高くなっています。

【山口】全盲のハーモニカ奏者 業界の最高賞を受賞

山口県宇部市に住む全盲のハーモニカ奏者、品川勝邦さんが業界団体の最高賞を受賞し、記念のコンサートが開かれました。ハーモニカ界の最高賞佐藤秀廊賞を受賞したのは、山口県宇部市に住む品川勝邦さん(79)です。佐藤秀廊賞はハーモニカの普及に最も貢献した人に贈られる賞です。品川さんはけがと病気のため、60歳のときに全盲になりましたが、ビデオ通話を活用して障害がある人への指導を行うなど、長年の普及活動が評価されたということです。「少しでもハーモニカの愛好者がえるようにみんなと頑張ろうと思っている」品川さんは今後も活動を続けていくということです。

【山口】阿武町4630万円誤振込 勾留取り消し求め準抗告

山口県阿武町の誤振り込み問題で逮捕起訴されている田口翔被告の弁護士が勾留の取り消しを求め、準抗告を申し立てました。山口県阿武町福田下の田口翔被告は、阿武町から振り込まれた4630万円を自分のものと偽り決済代行業者の口座に振り替えた電子計算機使用詐欺の疑いで3度逮捕されています。田口被告の弁護士はさきほど裁判所に勾留の取り消しを求め準抗告を申し立てました。「もう40日間勾留されておりまして、(勾留が)60日間ということになると大変なことですので、裁判所の判断を仰ごうということです」また弁護士は、すでに容疑を認めていて逃亡や証拠隠滅のおそれもないとしています。