【山口】阿武町 約4300万円を確保

阿武町が給付金4630万円を誤って1人に振り込んだ問題です。町は24日会見を行い法的な手続によりおよそ4300万円が戻ったと明らかにしました。田口容疑者が決済代行業者3社に出金していた現金など口座の残高をあわせたおよそ4300万円が確保できたということです。残っているのはデビット決済で出金されたおよそ340万円です。阿武町は法律に基づき誤送金があった銀行に差し押さえ処分を行ったほか、決済代行業者の3社に差し押さえと取り立ての処分を行いました。また決済代行業者の口座があった2つの銀行に対し犯罪の資金洗浄いわゆるマネーロンダリングになるのではと適切な対応をとるよう要請しています。その後、代行業者から今月20日に入金があり田口容疑者の口座に振り込まれた新型コロナ関連給付金4630万円のうち9割以上が戻ったことになります。

【山口】阿武町 約4300万円を確保

阿武町が給付金4630万円を誤って1人に振り込んだ問題で町は全体の9割にあたる約4300万円を確保できたと明らかにしました。=阿武町・花田憲彦町長=「本日現在、合計で4299万3434円を法的に確保できました」阿武町は午前11時から会見を開き誤って振り込んだ9割にあたる約4300万円が、田口容疑者が出金していた決済代行業者3社から確保できたと明らかにしました。阿武町の代理人はこれまでに金融機関へ警告書の送達や法律に基づく仮差押えの申し立てなどを行っていました。誤って金を振り込まれた田口翔容疑者は自分の金だとうそをつき別の口座に振り込んだ疑いで逮捕され「弁護士に少しずつでも返済する」と話していました。

【山口】決済代行業者が3590万円を阿武町に返還

阿武町から4630万円が誤って振り込まれた問題で新たな動きです。逮捕された男が使っていた決済代行業者が町の口座に3590万円を返還していたことがわかりました。田口翔容疑者は阿武町から給付金4630万円が誤って振り込まれたと知りながら自分のものと偽りこのうちの400万円を別の口座に振り替えた疑いが持たれています。警察の調べに対し「オンラインカジノで使った」などと供述し容疑を認めています。田口容疑者は3つの決済代行業者を使ってネットカジノを利用していたと見られていてそのうち1社の決済代行業者から町の口座に3590万円が返還されていたことが関係者への取材でわかりました。この決済代行業者に田口容疑者は27回にわたって出金していて3590万円はその全額とみられています。阿武町は係争中のため答えは差し控えるとしていますが24日に会見を開く予定です。

【山口】防府市長選 池田氏再選

任期満了に伴う防府市の市長選挙は現職の池田さんが再選を果たしました。投票率は33.43%で過去最低でした。=再選を果たした池田氏=「市民の皆様が防府が一番だと思ってもらえる防府市をみなさんと一緒になって国や県と一緒になって作っていきたいと思っております。あすからまた自分らしく全力で走ってまいることを決意させていただきます。」午後10時半で開票率は95.39%です。池田豊さん2万2800票打道晋一さん7200票、現職で2期目を目指した池田さんが新人の打道さんを大きく引き離し、再選を果たしました。投票率は33.43%で前回より13.25ポイント低くなりました。これまで最も低かった2014年の市長選を下回り過去最低となりました。