【山口】米軍基地の司令官交代・外来機の飛来相次ぐ

アメリカ軍岩国基地の司令官の交代式が行われました。着任したリチャード・ラスノック大佐は日本の防衛と自由で開かれたインド太平洋を確保したいとしています。岩国基地で行われた交代式にはアメリカの海兵隊員のほか海上自衛隊の幹部などおよそ450人が出席しました。式典では新しい司令官となるリチャード・ラスノック大佐に海兵隊の旗が手渡されました。ラスノック新司令官はペンシルベニア州出身の45歳でこれまでに軍用機のパイロットや軍の参謀などを務めてきました。※ラスノック新司令官「ここ(岩国基地)は特別な場所です」「岩国は世界中の国防総省にとって優秀な場所と象徴されました」新司令官は日本の防衛と自由で開かれたインド太平洋を確保するため協力しながら働きたいとしています。また岩国基地ではアメリカ軍の空軍機が相次いで飛来しています。15日、岩国基地にはアメリカ空軍のステルス戦闘機F22ラプターが10機、さらに16日も2機が着陸しました。岩国基地では今月に入り最新鋭のステルス戦闘機F35Aも展開されるなど外来機の飛来が相次いでいます。中国四国防衛局によるとウクライナ侵攻が続く中中国の軍事活動の拡大や北朝鮮のミサイル発射などが相次ぎ日本の防衛と東アジアの平和のため訓練を行っているということです。滞在期間はおよそ1カ月です。

【山口】中学生が着物の着付け体験

一足早く「夏」を体感です。山陽小野田市の中学生が浴衣の着付け体験を行いました。夏の花火大会やお祭りで着る「浴衣」その浴衣の着付けに山陽小野田市の埴生小中一貫校の中学2年生19人が挑戦しました。若い世代に気軽に浴衣の魅力を知ってもらおうと去年から行われています。※清水春名アナウンサー:「浴衣を着る時のポイントなんですがこの身八つ口から手を入れておはしょりをきれいに伸ばしていくことが大事なんだそうです。できていますね」この折りたたんだ「おはしょり」を綺麗に整えることで着崩れを防ぐことができるそうです。生徒たちは悪戦苦闘しながらもなんとか浴衣の着付けを終えました。※体験した中学生は「着てみたらすごくかわいいです」「自分で言うん?!」「あっ帯がです、着物がです」「夏祭りとかにまた着れる時代が来てほしいなと思います」「もっと短時間で着れるようになりたいです」※県和裁技能士会の亀井 洋子さん:「どうしてもコロナ禍で気楽に行けるお祭りとか盆踊りなど中止になっていることが多いのでこれからもっと親しんで着物を着てもらいたいなと思います」埴生小中一貫校は生徒たちには日本の伝統的な文化を大切にしてもらいたいと話していました。

【山口】うそ電話で30万円被害

スマートフォンがウイルスにかかるなどと電話でウソを言われ、山口県美祢市の70代の女性が30万円をだましとられました。警察によりますと、今月14日に山口県美祢市の70代の女性のスマホに「ご利用料金の件に関しまして確認事項がございます。本日中にご連絡ください」という内容のメッセージが届きました。女性が記載された電話番号に電話をしたところ、男から「スマホがウイルスにかかるおそれがある」「手数料30万円を払えば保護申請ができる」「手数料は後で返金できます」などと言われました。男の話を信用した女性はATMに行き指定された口座に30万円を振り込みだまし取られました。警察はメールや電話で料金を要求するのは詐欺の手口だとして注意を呼びかけています。県内ではウソ電話詐欺の被害が多発していて、19日まで警戒警報が発令されています。

【山口】中学生が安岡ネギの栽培に挑戦

フグ刺しの薬味としても使われる安岡ネギの栽培に山口県下関市の中学生が挑戦しています。山口県下関市の安岡中学校には安岡ネギの生産者らが講師として招かれ、3年生が種植えを教わりました。この取り組みは地元の野菜の栽培を体験することで地元への親しみをもってもらおうと、10年前から行っているものです。生徒たちは生産者に指導をうけながら約1ミリの小さな種を蒔いていきました。「やっぱり安岡で安岡ネギを食べることは地産地消にもなるし大切だから育てて自分でも食べていきたいです。」安岡ネギは約40日で収穫でき、生徒たちは自宅で食べる予定だということです。