新卒採用

yab社員に聞いてみた! Q&A

報道制作局 報道制作センター浅野 航平 さん

2014年4月入社

画像:近影

Q1 山口朝日放送を志望した理由を教えてください。
A)きっかけは野球と関われる仕事がしたいという思いでした。弊社はテレビ朝日系列の中でも珍しく、夏の高校野球・県大会を一回戦から実況中継でお届けしています。やりたい仕事のチャンスが多いと思い、志望しました。

Q2 いま、どんな仕事をしていますか?
A)平日夕方のニュース「Jチャンやまぐち」で、金曜日のキャスターをしています。スタジオからニュースをお伝えするだけでなく、現場で取材、カメラを回すこともあります。他に、学生時代からやりたかった高校野球の取材や実況。仕事がきっかけでバスケ好きになったこともあり、プロバスケットボールクラブ「山口ペイトリオッツ」の取材や実況も担当しています。

Q3 仕事で印象に残っていることは?
A)2021年10月に、山口ペイトリオッツのB3開幕戦を実況しました。チームが創設される前から、監督や社長、選手に取材を続け、上司や先輩と一緒に中継に向けた調整や段取りを進めたこともあり、思い入れのある仕事です。大好きなバスケの魅力を広めるために、また試合の中継が出来るようがんばります!

Q4 会社の雰囲気はどうですか?
A)比較的、失敗を恐れない!…気がします、多分(笑)。県内の民放3局の中で最も後発、良い言い方をすれば〝新しい〟ということもあるのでしょうか。上に書いた、山口ペイトリオッツの開幕戦中継も、弊社にとって大きなチャレンジでした。チャレンジしなければ成長は無いと思うので、個人としてもどんどん失敗したいです!…じゃなかった、チャレンジしたいです!(笑)
画像:近影

Q5 今後、どんな仕事をしたいですか?
A)ジャンルを問わず、どうすればもっと伝わるのか、見ていただけるのか、耳を傾けていただけるのか。考え続けながら、仕事と向き合っていこうと思っています。

インタビュー一覧へ