新卒採用

yab社員に聞いてみた! Q&A

報道制作局 報道制作センター宮原 睦実 さん

2020年4月入社

画像:近影

Q1 山口朝日放送を志望した理由を教えてください。
A)「とにかくアナウンサーになりたい!」その一心で就職活動をしました。テレビ各局を受験する中で、控室の雰囲気がとてもアットホームで、面接官とのやり取りでも一番自然体でいられたのがyabでした。試験が進むにつれて「yabで働きたい!」と思うようになった、というのが正直なところです。

Q2 いま、どんな仕事をしていますか?
A)夕方のニュース「Jチャンやまぐち」で、月~木曜日は天気コーナー、金曜日はMCを担当しています。そのほか、月に1回のペースで中継も企画提案しています。ネタ探しや構成を考えるのは大変ですが、その分やりがいを感じています。

Q3 仕事で印象に残っていることは?
A)衆議院議員総選挙での陣営の取材です。テレビでしか見たことがなかった当選確実が出た瞬間は、会場が独特な雰囲気に包まれ、圧倒されました。現場でしか感じられないこと、気がつかないことがたくさんあるので、毎日が新鮮で楽しいです。

Q4 会社の雰囲気はどうですか?
A)風通しがいいです。性別・年代を問わず、みなさんに話しかけやすい職場です。
逆に話しかけてもらえる場面も多くあって、明るい職場環境です。
画像:近影

Q5 今後、どんな仕事をしたいですか?
A)これからも県内の様々な取り組みや、奮闘する方々を取材して発信していきたいです。
また、マルチに活躍できるアナウンサーになりたいので、ロケに中継にナレーションに…ジャンルを問わず色々な仕事に挑戦したいです。

インタビュー一覧へ