コロナ影響で夏休み短縮 山口市の小学校で終業式

山口県山口市の小学校で8月1日からの夏休みを前に終業式が行われました。

山口市の白石小学校で行われた終業式。感染症防止策として、教室にいる児童に校長がモニター越しに呼びかける形で行われました。

(白石小学校 藤永 靖彦校長)

「けがや事故のないように、自分で楽しみや嬉しいことをつくって、短いけど楽しい夏休みにして欲しいと願っています。」

山口市内の小中学校では、新型コロナに伴う休校期間の影響で、夏休みは通常より短い16日間となります。

「中学入試とか、そういうことの勉強をがんばって行きたいと思います。」

「できないこともたくさんあるけど、せっかくなので家族の時間も大切にしていきたいです。」

県内10の市や町の小中学校が、8月1日から夏休みを迎えます。