外出できない・・・メダカ観察はいかが!

新型コロナウイルスの感染拡大防止で、最近は家にいることが多いという方もいると思いますが家の中で「癒やし」が感じられる生き物を探してきました。飼い始めるなら今がいい時期だそうです。周南市久米にあるメダカ専門店その名も「めだか小屋」。店で飼育されているのはおよそ2万匹。色も形も様々で150種類もいるそうです。店主の片山富夫さん。定年退職した9年前、趣味の延長で店をオープンしました。一番の楽しみは「メダカが増えること」なんだそうです。外出を控えがちな今の時期、家でかわいいメダカの観察もいいかもしれません。値段は安いもので1匹60円、高いもので1匹3,000円とのことです。基本的にエアーポンプやヒーターは不要で、水槽とエサさえあれば飼えるそうです。