山口・宇部男性が新型コロナ感染 関係者は全員陰性

山口県や北九州市によりますと宇部市の40代の男性会社員が新型コロナに感染していたことが分かりました。山口県と北九州市によりますと新型コロナに感染したのは宇部市に住む40代の男性会社員です。男性は今月1日にのどの痛みなどを訴えており3日、仕事で滞在中の北九州市内の医療機関でPCR検査をうけたところ陽性が判明しました。現在山口県内の指定医療機関に入院していますが症状は安定しているということです。男性はクラスターが確認されている鹿児島県の飲食店に先月26日訪れていたということです。山口県では家族や会社関係者濃厚接触者など13人のPCR検査を行いましたが全員陰性だったということです。