山口・新型コロナ新たに8人が感染判明 下関では大学教員も

県内では3日あらたに8人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。感染が確認されたのは下関市で3人、山口市、宇部市、防府市、周南市、岩国市でそれぞれ1人のあわせて8人です。このうち岩国市、防府市、周南市の3人はそれぞれ買い物や仕事などで大阪や広島など県外への往来があったということです。また下関市の20代男性は先月30日に大分県から転入してきた大学教員で前にいた職場では新型コロナウイルスの感染者が複数人いたということです。大学の関係者や関わりのあった学生約40人に検査を実施する予定だということです。