阿武町 学生を特産品で応援

阿武町は新型コロナウイルスの影響を受ける町出身の学生を支援しようと、地元の特産品を無料で送る取り組みを始めます。

「ふるさと阿武町学生応援便」と名づけられた取り組みは、ふるさとを離れて暮らす町出身の学生に町の特産品の詰め合わせを無料で届けるものです。新型コロナウイルスの影響でアルバイトができず経済的に困っていたり、外出自粛で帰省ができなかったりと窮屈な思いをしている学生を支援しようと行われます。1回あたり5000円相当の品物が年に3回贈られます。1回目の応援便は「阿武町産のお米」と「福賀すいか」です。

(阿武町まちづくり推進課 井上 豊美さん)

「頑張っている若者たちを遠く離れた阿武町からも応援しているよというメッセージを伝えていくための手段として、町と若者、若者と若者同士というつながりを作るもののひとつになったらいいなということで取り組みを始めています」

学生応援便を受け取るには申し込みが必要で、町まちづくり推進課で来月10日まで受け付けています。