ふるさとの匠たち「腕前探訪」

主催
(公財)防府市文化振興財団
yab山口朝日放送
朝日新聞社
ふるさとの匠たち第10回腕前探訪実行委員会
後援
防府市 防府市教育委員会
協賛
MEIKEN

腕前探訪とは

2007年、yab山口朝日放送と朝日新聞社が共同で、山口県内在住のさまざまなジャンルの作り手の作品とその技にクローズアップした企画「腕前探訪」を放送・紙面に記事掲載を行いました。ご紹介したのち、視聴者のみなさまから「どこで購入できますか?」などのお問合せを多くいただことがあり、ぜひ、県内の優れた作家のみなさまの商品を手に取って感じていただきたいという想いから、2008年に本展覧会をスタートさせました。今年で11回目を迎え、これまでにおよそ90名の作家・生産者のみなさまに参加いただきました。本年度も、主催者選りすぐりの作家・生産者のみなさまにご協力いただいております。みなさまの卓越した技を感じ、その心意気を暮らしに取り入れていただければと思っています。

会場のイメージ

出展一覧

大漁旗小物

岩川旗店(萩市)

イメージ

萩市で代々大漁旗をはじめとする染物業を営む。だんだんと減っていく大漁旗などの染めの技術を生かし、手ぬぐいやかばんなどオリジナルの商品を発表。中でも、大漁旗をモチーフにしたデザインや萩の夏みかんなどのデザインが人気。県内はもちろん、東京などでも展示販売を行う。

帆布かばん

宇都宮テント商会(山陽小野田市)

イメージ

昭和33年、装飾テント・トラックシートなどを製造するテント店として創業。創業者が作っていた綿帆布のかばん作りをヒントに、平成19年からテントの生地でオーダーの帆布かばん作りを開始。現在は宇都宮帆布工房も立ち上げ、テントの技術を生かしたかばん作りを行う。

金工

岡本佳子(防府市)

イメージ

重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)・山本晃氏に師事。日本金工展文化庁長官賞、日本伝統工芸展日本工芸会会長賞、山口県芸術文化振興奨励賞、第20回エネルギア美術賞などを受賞。現在、日本工芸会正会員。

陶芸

御台場窯
渋谷英一(萩市)

イメージ

2004年祖父に師事し作陶をはじめる。2011年長三賞第30回記念大賞受賞。2015年日本陶芸展入選。2016年「現在形の陶芸」萩大賞グランプリ。2018年第5回陶美展最高賞受賞(日本陶芸美術協会賞)。2018年山口県芸術文化振興奨励賞受賞。

ガラス

ガラス工房○(岩国市)

イメージ

ガラス工房〇(マル)は、齋藤裕史・齋藤由香理の夫婦のユニット。2人は富山ガラス造形研究所在学中に出会う。卒業後、お互いが個別に活動していたが、2013年、入籍を機に二人での作品を作り始める。2014年、妻の地元の岩国市にガラス工房〇(マル)設立。
現在、県内外で活動中。

木工

工房calm
坂本祐樹(下関市)

イメージ

大工の祖父の側で小さなころから木と親しむ。長野県上松技術専門校にて木工を学び、卒業後、木工工房にて修行の後、2012年に独立、工房calmをスタート。オーダーメイドの家具やオリジナルブランドの雑貨の制作、販売をスタート。

木工

重田木型
重田秀徳(山口市)

イメージ

自動車メーカーで開発用エンジンの鋳造用木型製作部門に配属となり木の仕事と出会う。1991年退社後、帰郷し「重田木型」を設立し、各種木型の製作を開始。1998年木のおもちゃの制作を開始。2000年からは、各地で作品展やワークショップを開催。現在、精神科病院や生活介護施設などで木工指導を行う。

徳地和紙

千々松和紙工房
千々松友之(山口市)

イメージ

旧徳地町出身で現在48歳。平成27年6月に大阪府よりUターンし、山口市地域おこし協力隊として、徳地和紙の伝統技術を受け継ぐべく山口市指定無形文化財、徳地手すき和紙技術保持者である千々松哲也氏に師事。平成30年5月に地域おこし協力隊の任期を終え、現在は千々松和紙工房の4代目として活動中。

大内塗

中村民芸社(山口市)

イメージ

昭和元年創業。昭和50年法人設立。山口県の伝統的工芸品大内塗を継承しながら、近年、生活に密着した商品開発やワークショップも積極的に行い、県内外で活動している。

陶芸

萩焼工房 土和窯
止原理美(萩市)

イメージ

陶芸家の長女として幼いころから土に親しむ。2005年より12代三輪休雪氏、三輪華子氏に師事。2012年より父親の「萩焼工房土和窯」で制作を開始。動物が好きで動物をモチーフにした作品を作り始める。日常にほほ笑みを生む作品づくりを心がける。

版画

版画処Show-in
戸嶋由香(萩市)

イメージ

1987年春、版画を学ぶために上京。以後、東京を拠点に制作・発表を続ける。2014年秋、故郷の萩市へ活動の拠点を移す。2017年春、アトリエ「版画処Show-in」を始動。展示スペースと版画教室を併設し、誰でも気軽に展示・鑑賞・創作ができる処を目指す。

手織り服・帽子

羊の工房 OKAYA
五十嵐昌子(山口市)

イメージ

50年程前に、父が仕立て屋からスタートした洋服店を8年前より、手紡ぎ・手織りの店として、作品展を中心に展開。今年1月よりカフェを併設して、リニューアルオープン。

刃物

保美鍛造工場
保美信義(美祢市)

イメージ

昭和24年頃、初代がおふくの地にて創業。1977年2代目の父の元で修業をし、2000年より3代目を継ぐ。主に刃物、鍬などを作る。安来鋼を使用。4年前よりアメリカにオリジナル包丁を輸出する。

木工

ムクロジ木器(下関市)

イメージ

九州産業大学大学院芸術研究科デザイン専攻にて木工挽物の研究の傍ら福岡県糸島市の挽物職人の下で器の製作を始める。卒業後は木工家具の産地である福岡県大川市のインテリアの商社で営業、デザインに従事し、2015年山口県下関市にて木製食器の製造販売を行う「ムクロジ木器」を創業。自身で木を伐り、山口県産木の良さを伝える活動を行う。

革小物

one
金子裕一(宇部市)

イメージ

20歳の頃、友人の勧めでシガレットケースをつくったことがきっかけで『革』と出会う。革の魅力と、つくる楽しさを知り、独学で技法を学ぶ。2009年に小さな革小物のお店『one』をオープン。シンプルでどこか遊び心のある、オリジナルアイテムを展開している。

和菓子

いよや
福田洋丈(周南市)

イメージ

小さい頃から働く父の背中をずっと見ていて、いずれ自分も同じ道を歩みたいと思っていました。そして、人を笑顔にすることのできる、この仕事にのめり込んでいきました。

はちみつ

KASAHARA HONEY
笠原隆史(周防大島町)

イメージ

国際的有名ホテルで調理師として勤務中、国産蜂蜜の希少性を知り、両親が営む養蜂場で修業。自然豊かな周防大島の地に自ら養蜂場を開く。現在は、季節の花々に合わせた養蜂はもちろん、農耕放棄地を整備し、花や樹を植え未来に続く養蜂を目指している。

川田餅本舗
川田親満(周防大島町)

イメージ

昭和8年創業の餅店。もち米を蒸してつくという日本独自の餅文化を後世に残す本格お餅専門店の3代目として若者から年配の方に喜んでもらえるお餅を追及する。お餅の新たな可能性を発掘中。

ハム・ソーセージ

グルメロード安田
安田 功(下松市)

イメージ

39歳のころ、ハムづくり第一人者・尾島秀樹氏に師事し、本格的にハムづくりを始める。51歳、南ドイツ食肉製品コンテストSUFFAにて最高栄誉賞「Internationaler Sieger」(国際チャンピオンカップ)の初代受賞者となる。53歳の時に「グルメロード安田」を設立。

ハーブ

企業組合 彩菜(山口市)

イメージ

女性4人のグループが生涯現役を合言葉に阿知須の休耕田を活用し、ハーブの栽培を始める。栽培から加工、販売までを自社で行っている。

ジェラート

ジェラテリア クラキチ
藤井ひろゆき(周南市)

イメージ

酪農の勉強のため移り住んだ北海道でジェラートに出会い、その後、海外を渡り歩いた末、2014年にソフトクリーム専門店、2017年にジェラート専門店をオープン。自然と地域に根ざした酪農、自分だけのアイスクリーム作りに取り組んでいる。

ジャム

瀬戸内ジャムズガーデン
松嶋匡史(周防大島町)

イメージ

新婚旅行で訪れたパリでコンフィチュール専門店に出会い、日本にもこんなジャムがあれば!との想いで2003年に開業。地域の人・四季折々の地元の産物を生かしたジャムづくりは、県内はもちろん全国から注目を浴びている。年間180種類以上のジャムを生産。

チョコレート

tete
赤木彩乃(山口市)

イメージ

大阪あべの辻製菓専門学校卒業後、福岡のパティスリーにて修業。フランスのショコラティエにて研修。2008年にteteを開業。お客様が毎日食べられるスウィーツをコンセプトに、ビーントゥバーチョコレートを始める。

コーヒー

原口珈琲
原口洋子(山口市)

イメージ

20歳で上京。南青山大坊珈琲店にて7年焙煎を学ぶ。渡仏し、朝市マルシェにてコーヒースタンドをオープン。帰国後、山口市にて原口珈琲をオープン。

燻製

松浦商店
岡村英子(長門市)

イメージ

2001年、ふぐ珍味の老舗である「松浦龍瑞商店」を引き継ぎ(有)松浦商店を設立。先代である父より学んだ加工技術と大妻女子大学(食物学専攻)で学んだ知識を融合させ、ふぐ以外の商品開発を手がける。特に「オイルルージュ」(金太郎のオイル漬け)は観光庁主催の「世界に通用する究極のお土産10選」に選定された。

味噌・醤油 ほか

光浦醸造工業(防府市)

イメージ

1865年防府市大道にて味噌醤油醸造業として創業。
2009年フロートレモンティーの販売開始。2012年精進肉みそが調味料選手権にて最優秀賞を受賞。2015年フロートレモンティーがThe Wonder 500に設定。2017年防府市大道駅近郊にて本店オープン。

【日にち限定|9/14・16・17】野菜

山田菜園
山田学芳(周防大島町)

イメージ

荒廃竹林解消とタケノコ生産林増産を目的に平成25年、周防大島に移住。竹林整備の傍ら、竹炭散布や海藻施用が主体の野菜づくりに着手。農薬・化学肥料を一切使わず、タマネギを主力に年間約20品目を栽培。販売は原則、対面による直売のみ。地元では「タケノコの神」の異名も。

【日にち限定|9/14】パン・菓子

petit lab
内藤加奈(美祢市)

イメージ

長男が3歳のころ、初めて焼いたパンを食べた時に喜んでくれたことがきっかけで、パン作りの道に進むことを決める。以後、体にやさしくておいしい、食べた時ににっこりとなるようなパンを目指し、独学でパンづくりを学ぶ。

【日にち限定|9/15】パン・菓子

おやつ工房haru・米
立山有里(下松市)

イメージ

大学卒業後、管理栄養士として勤務。子育てを機に野菜や果物を取り入れたおやつ作りを始め、「焼菓子店」として自宅に工房を開く。グルテンフリーの米粉パンなどアレルギー対応の商品も手掛ける。現在は、出張販売という形で県内各地で販売を行っている。

【日にち限定|9/16】パン・菓子

ハイカラ製作所
浅田久美(山口市)

イメージ

5年前に、阿東徳佐に移住し、少し山の中の古民家で、田舎暮らしを楽しみながら、のんびりペースでお店を営業。徳佐のリンゴから起こした自家製酵母、友人が育てた無農薬の小麦、百姓の塩、黒五郎の竹炭の水など、シンプルな素材を使い乳製品・卵・白砂糖は不使用の体にやさしい素朴な酵母パンとおやつを焼いている。

【日にち限定|9/17】パン・菓子

ten*のてしごと
吉田 都(下関市)

イメージ

目にして うふふ 手にして うふふ 口にして うふふ おなかも うふふ わたしの うふふと あなたの うふふ
tenと点・天が結びつながりますように。下関にて、パン・発酵食・ヘンプを中心とした てしごと をしております。今回は、天然酵母パン・お菓子をご用意! うふふ を味わってください!

オリジナル商品企画 匠の技が光る!腕前探訪 今年のテーマは『新たな一歩』

テーマをもとに匠たちがオリジナル商品を作る企画を、今年も実施します。昨年は、「祝」というテーマで、「祝いクッション」や「祝い箸置き」、「お祝いマカロン」など、匠たちの個性豊かなオリジナル商品が誕生しました。そして、今年のテーマは、「新たな一歩」です。腕前探訪が去年10回目の節目を終え、今後の更なる飛躍を考え、新たなスタートを切りたいという思いからこのテーマとなりました。
匠たちの自由な発想で、今年は、どんな商品が誕生するのでしょうか!?

企画参加予定

匠が技を伝授!ワークショップ

毎年、大好評の匠の指導のもとに行うワークショップも開催します。自ら仕上げたぬくもりのある逸品をぜひ。